MySQL、phpMyAdminをインストールする

WordPress などを使用する場合に必須のデータベース MySQL をインストールします。
また、MySQLデータベースを簡単に扱うことができる phpMyAdmin も合わせてインストールします。

MySQLをインストールする

再びターミナルに戻って、コマンドでMySQLをインストールします。

MySQLを起動します。

MySQLの初期設定を行います。

  1. Enter current password for root (enter for none):
    MySQLのrootパスワードを入力するよう求められます。
    MySQLの初期rootパスワードは未設定なので、Enterのみを押します。
  2. Set root password? [Y/n]
    新しいrootパスワードを設定するか?→「Y」を押します。
  3. New password:
    新しいパスワードを入力します。
  4. Re-enter new password:
    確認のため、再度パスワードを入力します。
  5. 以降の質問にはすべて「Y」を押します。

※MySQLのパスワードは忘れないよう記録しておいてください。φ(..)メモメモ

phpMyAdminをインストールする

ターミナルからphpMyAdminをインストールします。

以下の設定ファイルを編集します。
/etc/httpd/conf.d/phpMyAdmin.conf

Webminのファイルマネージャか、ターミナルからvimを使って編集してください。
vimなら以下のコマンドで。

※念のために、修正前の設定ファイルを別名で保存しています。

phpMyAdmin.conf の以下の部分を修正します。

13行目でログインできるURLの変更をしています。
上記の例だと、次のURLで phpMyAdmin にログインできるようになります。

http://{ipアドレス}/phpmyadmin_himitsu/

phpMyAdmin は不正なアタックを受けることが非常に多いので、推測されにくいパスに変更しておくことをお勧めします。

phpMyAdmin へは、先程設定した MySQL の rootパスワードでログインできます。

次は、FPM/FastCGIの設定です。

Apache + PHP を FPM/FastCGI で動かす。
使い勝手の向上のため、PHP や Perl のプログラムを指定したユーザー権限で実行できるように設定します。 PHPやPerlのプログラム...
  1. さくらのVPSでウェブサーバ、インストールマニュアル
  2. さくらVPSを申し込んで起動する
  3. パソコンにターミナルエミュレータをインストールする
  4. ユーザーを登録する
  5. ファイヤーウォールを設定する
  6. Webminをインストールする
  7. ApacheとPHPをインストールする
  8. MySQL、phpMyAdminをインストールする
  9. Apache + PHP を FPM/FastCGI で動かす
  10. ApacheをWorkerモードに切り替え&APCをインストールする
  11. 独自ドメインの取得&メールアドレスを設定する
  12. Apache の VirtualHost を編集する
  13. SSL証明書をインストールする(自分でやればこんなに激安!)
  14. SFTPでファイルを転送する
  15. DropboxでVPSサーバを丸ごと全自動バックアップする

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)