ApacheをWorkerモードに切り替え&APCをインストールする

ウェブサーバのパフォーマンスを1ランクアップさせる設定を行います。

Apache の MPM を Worker モードに切り替える

CentOSにパッケージされている Apacheは、マルチプロセスの Preforkモードとマルチプロセス+マルチスレッドの Workerモードを選択することができます。

Workerのほうが圧倒的にメモリ消費は少なくレスポンスのスピードが速くなるのですが、mod_phpモジュールがWorkerに対応していないため(誤動作してしまう)PHPを使うサイトには使うことができません。

しかしながら、今回の mod_fastcgi と FPM の組み合わせの場合にはそうした問題はありませんので、Apache を Workerモードで起動するよう設定します。

以下の設定ファイルを修正します。
/etc/sysconfig/httpd

Apache の再起動が必要ですが、次の作業に進みます。

APCをインストール

PHPのパフォーマンスアップのためにAPCをインストールします。

APC とは Alternative PHP Cache の略で、PHP の実行コードをキャッシュする仕組みです。PHP の中間コードのキャッシュ・最適化によって、さらなるパフォーマンスアップを目指します。

Apacheを再起動します。

次は、いよいよドメインを取得します。

独自ドメインの取得&メールアドレスを設定する
ウェブサーバに独自ドメインでアクセスできるよう設定を行います。 ドメインを取得しよう ドメインをまだ取得していない場合は、ドメインを取得...
  1. さくらのVPSでウェブサーバ、インストールマニュアル
  2. さくらVPSを申し込んで起動する
  3. パソコンにターミナルエミュレータをインストールする
  4. ユーザーを登録する
  5. ファイヤーウォールを設定する
  6. Webminをインストールする
  7. ApacheとPHPをインストールする
  8. MySQL、phpMyAdminをインストールする
  9. Apache + PHP を FPM/FastCGI で動かす
  10. ApacheをWorkerモードに切り替え&APCをインストールする
  11. 独自ドメインの取得&メールアドレスを設定する
  12. Apache の VirtualHost を編集する
  13. SSL証明書をインストールする(自分でやればこんなに激安!)
  14. SFTPでファイルを転送する
  15. DropboxでVPSサーバを丸ごと全自動バックアップする

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)