コピペでサクサク!さくらのVPSでウェブサーバー、インストールマニュアル

このたび、自分が管理するウェブサーバをVPSサーバに変更しましたので、その設定の手順をまとめてみました。

VPSサーバ立ち上げ手順書

まずはVPSサーバ導入の経緯や目指す仕様について。

VPSサーバに移行する経緯について

CMSを利用しているサイトを、スペックやや高目の一般的なレンタルサーバで運用していましたが、時々重くなることに悩まされていましたので、さくらVPSに乗り換えることにしました。

さくらVPSサーバはひと月に数百円から利用できる上、いわゆる一般的なレンタルサーバよりも高性能なところが大きな魅力です。

しかしながら申し込んですぐにウェブサーバとして利用することはできる訳ではなく、ひとつひとつアプリケーションソフトをインストールして設定してやる必要があります。

ひと口にウェブサーバと言っても、いざ自分が思った通りの仕様を実現することはなかなかに難しく、細かな手順をすぐに忘れてしまいますので、ここに記録しておくことにしました。

入力するコマンドをこのサイトからコピペして作業していけば、最短で2~3時間くらいで完了するかも知れません。(計ってないから知らんけど)

目指すウェブサーバの仕様について

尚、今回立ち上げるウェブサーバの仕様は次のとおりです。

  • さくらVPSを使用
  • CentOS6.6(さくらVPS標準)
  • apacheを使用(FastCGI)
  • 複数ドメインのサイトをバーチャルホストで運営する
  • 一部ドメインにはSSL証明書も導入する
  • メールサーバは立ち上げない(Google Appsを利用)
  • FTPサーバは立ち上げない(SFTPにて運用)
  • ドメインまわりはムームードメインのムームーDNSを利用する
  • PHP5.4(FPM/FastCGIとしユーザー権限で動くようにする)
  • Perl5.10(ユーザー権限で動くようにする)
  • MySQL5.5.41+phpMyAdmin
  • 毎日自動的にOS丸ごとバックアップしてDropboxにイメージファイルを保管する
  • セキュリティ確保のため、必要最低限のポートしか開けないようにする。
  • 各設定をスムーズにすすめるためにWebminを使用(設定が済んだらポートを閉じる)

PHPやPerlがユーザー権限で動きますので、一度設定してしまえば一般的なレンタルサーバと同じように使えると思います。

管理を依頼いただいているサイトがいくつかあるのですが、あまりに快適になりましたので、VPSサーバへの引越しを提案しています。実際に移転を終えたお客様からは、コストが下がった上、サイトの表示が目に見えてスピードアップしたと大変好評を頂いています。

それでは始めましょう!↓

さくらVPSを申し込んで起動する
何はともあれ、まずはさくらVPSを申し込みましょう。 実際に手を動かしながら読み進めば、ウェブサーバーがひとつ完成しますよ。 さくらVP...

手順書の目次

  1. さくらのVPSでウェブサーバ、インストールマニュアル
  2. さくらVPSを申し込んで起動する
  3. パソコンにターミナルエミュレータをインストールする
  4. ユーザーを登録する
  5. ファイヤーウォールを設定する
  6. Webminをインストールする
  7. ApacheとPHPをインストールする
  8. MySQL、phpMyAdminをインストールする
  9. Apache + PHP を FPM/FastCGI で動かす
  10. ApacheをWorkerモードに切り替え&APCをインストールする
  11. 独自ドメインの取得&メールアドレスを設定する
  12. Apache の VirtualHost を編集する
  13. SSL証明書をインストールする(自分でやればこんなに激安!)
  14. SFTPでファイルを転送する
  15. DropboxでVPSサーバを丸ごと全自動バックアップする
スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)