SFTPでファイルを転送する

いよいよウェブサーバとしての機能が整ってきましたので、そろそろファイルをアップロードしたくなってきたのではないでしょうか?

FTPではなくSFTPを使う

多くのレンタルサーバではファイルをアップロードする手段として、FTPを用意していると思いますが、今回構築中のサーバではFTPは使えません。

なぜならFTPサーバをインストールしていないからです。
FTPは通信内容が暗号化されずにネットワーク上を流れていきますので、通信経路を盗聴されると、アカウントやパスワードが簡単に盗まれてしまいます。

そこで、先程からコンソールで使用しているSSHの仕組みを利用した方法で、ファイルをアップロードすることにします。この方法をSFTPと言いまして、通信を盗聴されても通信内容は暗号化されていますので安心です。

SFTPに対応したFTPクライアントWinSCPを使用する

FTPクライアントで最もポピュラーなもののひとつとしてFFFTPが挙げられますが、残念ながらFFFTPはSFTPに対応していません。(2015年2月時点)

SFTPに対応したFTPクライアントとして人気の WinSCP を使用することにします。

WinSCP – 窓の杜ライブラリ

SFTPで接続する場合は、SSHでログインするときと同じように設定します。

winSCP

  • 転送プロトコル:SFTP
  • ホスト名:サーバのIPアドレス
  • ポート番号:22(SSHのポート番号)
  • ユーザ名:www(ウェブサイト管理用のアカウント)
  • パスワード:(ウェブサイト管理用アカウントのパスワード)

詳しいWinSCPの使用方法については、各自ググってお調べください。すみません。

今回の設定例では、ウェブサイトデータを以下のディレクトリに置くものとしています。

/var/www/html/hogehoge.com/

このディレクトリ内にファイルをアップロードして、ブラウザで確認してみてください。

手短ですが、今回は以上です。

ここまででウェブサーバーとしても機能は完成したのですが、さらにサーバー全体を丸ごとDropboxに自動バックアップする仕組みを作ります。

Dropboxに、VPSサーバをOS丸ごと全自動バックアップする
Dropbox使ってますか? Dropboxを活用してVPSサーバを毎日丸ごと全自動バックアップする仕組みを作ってみましょう。 目指すは...
  1. さくらのVPSでウェブサーバ、インストールマニュアル
  2. さくらVPSを申し込んで起動する
  3. パソコンにターミナルエミュレータをインストールする
  4. ユーザーを登録する
  5. ファイヤーウォールを設定する
  6. Webminをインストールする
  7. ApacheとPHPをインストールする
  8. MySQL、phpMyAdminをインストールする
  9. Apache + PHP を FPM/FastCGI で動かす
  10. ApacheをWorkerモードに切り替え&APCをインストールする
  11. 独自ドメインの取得&メールアドレスを設定する
  12. Apache の VirtualHost を編集する
  13. SSL証明書をインストールする(自分でやればこんなに激安!)
  14. SFTPでファイルを転送する
  15. DropboxでVPSサーバを丸ごと全自動バックアップする

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)