GitHubのPrivateリポジトリからCloneする方法

最近、積極的にGitを使うようにしています。

PrivateリポジトリからCloneする方法の備忘録です。
認証鍵を使わないお手軽バージョンです。

git clone https://{ユーザ名}@github.com/foo/bar.git

パスワードの入力を求められるので、GitHubのパスワードを入力すればOKです。

Pullの度にパスワードの入力を求められますが、以下のコマンドでパスワードを保存することもできます。

git config credential.helper store

だだし、パスワードが平文で保存されるので、外部のネットワークにつながっている場合などは、セキュリティを重視してキャッシュに保存した方が良いです。

git config --global credential.helper cache

タイムアウト時間(15分間)が過ぎるまでパスワードを記憶します。

タイムアウト時間を指定することも可能です。(例:3600秒の場合)

git config --global credential.helper 'cache --timeout=3600'

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする