WordPressにiOSアプリのアイコン付きアフィリエイトバナーを表示するスクリプトを作ってみたよ

WordPressに、iOSアプリのアフィリエイトバナーを貼る場合、以下のようなAppStoreのバッジリンクならば簡単に貼ることができますが、アイコン付きのバナーを貼ろうとすると苦労します。

 ← これは簡単に貼れる(アプリのアイコン無し)

道案内さん ← これを貼りたい(難しい)

iTunesアフィリエイトプログラムの Bunner Builder で出力されるアイコン付きのバナーは、JavaScriptで動的にiframeを差し込む方法で実装されています。Wordpressの記事にJavaScriptのコードを張り付けても動作しないため、残念ながらアイコン付きのバナーは表示されません。

そこで今回は、Wordpressでも簡単にアイコン付きのバナーを表示できるJavaScriptを書いてみましたよ。

AppStoreバッジ形式のバナーを、JavaScriptでアイコン付きのバナーに書き換える

まずは、iTunesアフィリエイトプログラムにログインして、ツールメニュー → Link Maker へと進みます。

紹介したいアプリを検索してアイコンをクリックすると、アフィリエイト用のバナーが表示されますので、そのバナーをWordpressの記事に貼り付けます。

Link Maker

赤枠内のコードを記事欄にコピペすれば、以下のようなバナーが表示されるようになります。このコードにはJavaScriptは含まれていませんので、Wordpressでも問題なく表示されます。

このアフィリエイトバナーには、アイコン付きバナーを表示するために必要な情報がすべて含まれていますので、JavaScriptを使ってアイコン付きのバナーに差し替えることにします。

作り方の詳細ははしょりまして、いきなりスクリプトを提示させていただきますが、以下のコードを実行すればアイコン付きバナーに切り替わります。
(スマホとパソコンで、バナーのサイズが自動的に変わるようになっています。)

※2016/12/18修正済

(function($) {
  
  // PCかスマホかで検索条件を分ける
  var isMobile = /android.+mobile|iphone|ipad|ipod/i.test(navigator.userAgent);
  if (isMobile) {
    var h = 150, w = 180;
  } else {
    var h = 250, w = 300;
  }

  $(function($) {

    $('a').each(function() {
      var url = $(this).attr('href');
      if (/https\:\/\/itunes\.apple\.com\/(jp|us)\/app\//.test(url)) {
        var p= {};
        var q = url.split('?');
        p.id = (q[0].match(/\d+$/))[0];
        $.each(q[1].split('&'), function(i, r) {
          var s= r.split('=');
          p[s[0]] = s[1];
        });
        var d = $('<div />').css({
          width: w,
          height: h,
          display: 'inline-block'
        });
        var src = ('https:' === location.protocol ? 'https://' : 'http://') + 'banners.itunes.apple.com/banner.html?partnerId=&aId=' + p.at + '&bt=catalog&t=catalog_white&id=' + p.id + '&c=jp&l=ja-JP&w=' + w + '&h=' + h;
        var f = $('<iframe />').attr({
          src: src,
          width: w + 'px',
          height: h + 'px',
          frameborder: '0',
          scrolling: 'no'
        });
        d.append(f);
        $(this).replaceWith(d);
      }
    });
  
  });

})(jQuery);

WordPressのテンプレートにこのスクリプトを追加しても良いのですが、今回は簡単に済ませるために、任意のJavascriptコードを追加できる「Enhancing JavaScript」というプラグインを使用してみました。

「Enhancing JavaScript」プラグインをインストールすると、外観メニューに「拡張javaScript」というメニューが追加されますので、それをクリックします。

編集ボックスに、上記のスクリプトをコピペして、「変更を保存」ボタンを押せば完了です。すべてのページにこのスクリプトが自動的に挿入されるようになります。

さて、先程のバナーを貼ったページを再読み込みすると、なんということでしょう、AppStoreの黒いバナーがアイコン付きに変わったではありませんか。(しかも日本語表記!)

 道案内さん

このスクリプトを使って、サクサクとアプリ紹介の記事を書いてくださいね。
お役に立てましたら幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. みなみ より:

    はじめまして質問ですが
    「Enhancing JavaScript」をインストールし上記のスクリプトをコピペし、
    「変更を保存」致しましたが記事下に表示するようにしたのですが
    (アプリのアイコン無し)でした。
    ご教授頂けましたら幸いです、宜しくお願いいたします。

    • bagooon より:

      ご質問くださいましてありがとうございます。
      LinkMakerが出力するURLの形式が変わったみたいです。
      15行目を以下のように書き換えてみてください。

      if (/https\:\/\/itunes\.apple\.com\/us\/app\//.test(url)) {
       ↓
      if (/https\:\/\/geo\.itunes\.apple\.com\/(jp|us)\/app\//.test(url)) {

      ※当ページのソースも書き換えました。

  2. みなみ より:

    ありがとうございました。
    無事に表示されるようになりました。