Cockpit(Headless CMS)のcollectionから不要なフィールドを削除する方法

Nuxt等のフロントエンドに、OSSのHeadlessCMSであるCockpitを組み合わせて使うことが多いのですが、開発の途中でcollectionの設計を変更した際に、不要なfieldのデータを削除したい場合があります。

CockpitのDBとしてMongoDBを使用していますので、mongoのコマンドを叩く方法もありますが、cockpitには専用のcliが用意されています。

./cp collection/removefield --collection {name} --field {name}

Dockerで運用することが多いので、コンテナに入って、このコマンドを叩くだけで指定したfieldのデータを削除できるためなかなか便利です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする