Adobe Creative Cloudを以前のバージョンに戻す方法

Adobe Creative Cloud が2014から2015にバージョンアップしたとのことで、早速インストールしてみたのですが、DreamweaverCC2015が使い物になりませんでした。文字化けするは、レイアウトは崩れるは、PHPのコードがデザインビューに現れるはで、困り果ててしまいました。

DreamweaverCC2015をCC2014にバージョンダウンすることにしました。

拡張子がhtmlのファイルにPHPのコードがあるのがダメなのかしらん?
いろいろなことが脳裏をよぎりますが、原因を探っている暇がありませんので、DreamweaverCC2015からCC2014にバージョンを戻すことにしました。

例によってCreative Cloud アプリケーションから作業を行います。

Creative Cloudアプリが起動したら、Appsタブをクリックして、アプリケーションの一覧を表示します。

Creative Cloud アプリケーションからインストールします

「製品の一覧」の右端にある「すべて」をクリックして、ドロップダウンした項目の中から「以前のバージョンを表示」をクリックします。

以前のバージョンを表示する

旧バージョンのアプリケーションが一覧表示されますので、Dreamweaverのインストールボタンをクリックします。すると、以前のバージョンが一覧表示されるので、CC2014を選択してインストールします。
(※以下の画像は、すでにCC2014をインストールした後のスクリーンショットなので、CC2014は表示されていません。)

以前のバージョンをインスト―ルする

これで、DreamweaverCC2014を使用できるようになります!

きちんと以前の設定も残っていて、すぐに作業を開始することが出来ました。

DreamweaverCC2015をアンインストールしたわけでなく、並行して使用できますので、バージョンダウンではなく追加インストールという方が正しいですね。

DreamweaverCC2015には、気になる新機能が多数追加されていますので、アップデートされるのを待ちたいと思います。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)