Webminをインストールする

ウェブサーバの構築をスムーズに進めるために、サーバにWebminという管理ツールをインストールします。このツールを利用すると、様々なシステム設定がブラウザから簡単に行えるようになります。

Webminのリポジトリを登録する

ターミナル(Tera Term)から次のコマンドを入力します。

vimというテキストエディタが起動しますので、先程と同じように小文字の「i」をタイプして文字挿入モードに切り替えます。(左下に「INSERT」と表示される)

以下のテキストをすべてコピーして、ターミナルにペーストしてください。(ペーストはマウスの右クリックです。しつこいですか。)

ペーストできたら、「:wq」とタイプしてEnterを押下します。
「:wq」は、書き込み(write)+終了(quit)という指示になります。

gpg-keyの取得とinstall

以下のコマンドを入力してください。
1行入力する毎に「Enter」キーを押してださいね。

Webminをインストールする

Webminをインストールする準備が整いましたので、次のコマンドでインストールします。

インストールが完了したら、さっそくブラウザで確認してみましょう。
サーバーのIPアドレスの後ろに「:10000」(コロン+10000)を加えたURLにアクセスしてください。(Ipアドレスはメールに記載されたIPアドレスを指定してください)

http://{IPアドレス}:10000/

例)http://198.160.10.1:10000/

以下のようなログイン画面(実際には英語表記)が表示されたら、ユーザー名に「root」、パスワードはさくらVPSの仮登録完了メールに記載されたパスワードを入力してログインしてください。

ユーザー名はroot、パスワードはメールに記載されたものを入力する。

ユーザー名はroot、パスワードはメールに記載されたものを入力します。

言語設定を日本語に切り替える

言語設定が英語になっているため、日本語に切り替えます。

左のメニューから[Webmin]→[Webmin Configuration]を選択します。
Webmin Configurationパネルが表示されるので、Languageボタンを押します。

Webminの言語設定パネルに切り替える。

言語設定パネルに切り替える。

Display in language という項目を「Japanese(JA_JP.UTF-8)」に変更して、「Change Language」ボタンを押す。

日本語を選択

日本語を選択

無事に日本語に切り替わりました。

webminを日本語に変更

Webminの言語設定が日本語に切り替わりました。

尚、左のメニューが英語のままですが、ブラウザを再読み込みさせればメニューも日本語に切り替わります。

Webminファイルマネージャを起動する

左のメニューから[その他]→[ファイルマネージャ]を選択します。

メニューからファイルマネージャを選択する画像

[その他]→[ファイルマネージャ]を選択する。

ファイルマネージャはjavaで動きますので、javaの実行を許可する必要があります。(環境によっては、Javaのランタイムのインストールが必要かも知れません)

javaの実行を許可する

javaの実行を許可してください。

無事に Webmin File Manager が起動すると、以下のように表示されます。

Webminファイルマネージャの画像

エクスプローラ感覚で使えるファイルマネージャです。

ファイルマネージャを使えば、サーバ内の様々な設定ファイルを簡単に編集することができます。

左のツリービューでディレクトリを選択して、右のリストビューでファイルを選択します。上のボタンメニューの「編集」を押せば簡単にファイルを編集することが出来ます。

次は、ApacheとPHPをインストールしていきます。

ApacheとPHPをインストールする
ウェブサーバに必須の Apache と PHP をインストールします。 Apacheをインストールする Apache HTTP Serv...
  1. さくらのVPSでウェブサーバ、インストールマニュアル
  2. さくらVPSを申し込んで起動する
  3. パソコンにターミナルエミュレータをインストールする
  4. ユーザーを登録する
  5. ファイヤーウォールを設定する
  6. Webminをインストールする
  7. ApacheとPHPをインストールする
  8. MySQL、phpMyAdminをインストールする
  9. Apache + PHP を FPM/FastCGI で動かす
  10. ApacheをWorkerモードに切り替え&APCをインストールする
  11. 独自ドメインの取得&メールアドレスを設定する
  12. Apache の VirtualHost を編集する
  13. SSL証明書をインストールする(自分でやればこんなに激安!)
  14. SFTPでファイルを転送する
  15. DropboxでVPSサーバを丸ごと全自動バックアップする

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)