パソコンにターミナルエミュレータをインストールする

パソコンからサーバをリモートコントロールするためのターミナルエミュレータをインストールします。

Tera Term をインストールする

コピペでサクサク作業を進めるために、あなたのパソコンにターミナルエミュレーターをインストールしましょう。

僕はWindowsを使っていますので、Tera Term というターミナルエミュレーターを使用しています。

こちらからダウンロードできます→ Tera Term (フリーソフト)

仮想マシンにログインする

Teara Term をパソコンにインストールして起動します。
Tera Term が起動するとこんな画面が表示されます。

ここにIPアドレスを入力します。

ここにIPアドレスを入力します。

ホストの欄に、「[さくらのVPS] 仮登録完了のお知らせ」メールに記載されているIPアドレスを入力します。

IPアドレスとは数字とドットで表現されたこんなやつです→ 160.18.55.41
※このIPアドレスは適当に数字を並べたサンプルです。

IPアドレスを入力したら「OK」をクリックします。

初めて接続する場合、何やら暗号のようなものがずらずらと表示されますが、承認して進めば以下の画面が表示されます。

いよいよログインしますよ!

いよいよログインしますよ!

[さくらのVPS] 仮登録完了のお知らせメールに書かれた [管理用ユーザ]のユーザー名パスワードを入力してOKをクリックします。

いかがでしょうか?

真っ黒な画面が表示されましたでしょうか?

実はこの真っ黒な画面は、さくらVPSの仮想マシンそのものです。
どこかのデータセンターに設置されたコンピュータの画面が、今あなたの前に表示されているのです。

これからしばらくはこの黒い画面に文字を入力してサーバーを構築していくことになります。

仮想サーバとターミナルエミュレータの間は、SSHという暗号化された通信方法で情報がやりとりされていますので、「SSHでログインする」なんて言い方をします。

さ、SSHでログインしてコピペでサクサク進めていきましょう!

次は、ユーザーを登録していきます。

SSHでログインできましたでしょうか。 それではサーバー構築作業を始めましょう。 OSを更新する 仮想サーバにSSHで接続したら、まず...
  1. さくらのVPSでウェブサーバー、インストールマニュアル
  2. さくらVPSを申し込んで起動する
  3. パソコンにターミナルエミュレータをインストールする
  4. ユーザーを登録する
  5. ファイヤーウォールを設定する
  6. Webminをインストールする
  7. ApacheとPHPをインストールする
  8. MySQL、phpMyAdminをインストールする
  9. Apache + PHP を FPM/FastCGI で動かす
  10. ApacheをWorkerモードに切り替え&APCをインストールする
  11. 独自ドメインの取得&メールアドレスを設定する
  12. Apache の VirtualHost を編集する
  13. SSL証明書をインストールする(自分でやればこんなに激安!)
  14. SFTPでファイルを転送する
  15. DropboxでVPSサーバを丸ごと全自動バックアップする

会社員(営業マン)してる時に勝手に会社の通販サイトを作って(HTMLからプログラミングまで全部自前)20年程運営していました。

今は独立してホームページに関するお仕事をしています。一般的なサイト制作はもちろんのこと、複雑なショッピングカートの制作までこなします。さらに、売れる通販サイトのノウハウを駆使して、サイト運営のお手伝いをいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする