ApacheをWorkerモードに切り替え&APCをインストールする

ウェブサーバのパフォーマンスを1ランクアップさせる設定を行います。

Apache の MPM を Worker モードに切り替える

CentOSにパッケージされている Apacheは、マルチプロセスの Preforkモードとマルチプロセス+マルチスレッドの Workerモードを選択することができます。

Workerのほうが圧倒的にメモリ消費は少なくレスポンスのスピードが速くなるのですが、mod_phpモジュールがWorkerに対応していないため(誤動作してしまう)PHPを使うサイトには使うことができません。

しかしながら、今回の mod_fastcgi と FPM の組み合わせの場合にはそうした問題はありませんので、Apache を Workerモードで起動するよう設定します。

以下の設定ファイルを修正します。
/etc/sysconfig/httpd

Apache の再起動が必要ですが、次の作業に進みます。

APCをインストール

PHPのパフォーマンスアップのためにAPCをインストールします。

APC とは Alternative PHP Cache の略で、PHP の実行コードをキャッシュする仕組みです。PHP の中間コードのキャッシュ・最適化によって、さらなるパフォーマンスアップを目指します。

Apacheを再起動します。

次は、いよいよドメインを取得します。

ウェブサーバに独自ドメインでアクセスできるよう設定を行います。 ドメインを取得しよう ドメインをまだ取得していない場合は、ドメインを取得...
  1. さくらのVPSでウェブサーバ、インストールマニュアル
  2. さくらVPSを申し込んで起動する
  3. パソコンにターミナルエミュレータをインストールする
  4. ユーザーを登録する
  5. ファイヤーウォールを設定する
  6. Webminをインストールする
  7. ApacheとPHPをインストールする
  8. MySQL、phpMyAdminをインストールする
  9. Apache + PHP を FPM/FastCGI で動かす
  10. ApacheをWorkerモードに切り替え&APCをインストールする
  11. 独自ドメインの取得&メールアドレスを設定する
  12. Apache の VirtualHost を編集する
  13. SSL証明書をインストールする(自分でやればこんなに激安!)
  14. SFTPでファイルを転送する
  15. DropboxでVPSサーバを丸ごと全自動バックアップする

会社員(営業マン)してる時に勝手に会社の通販サイトを作って(HTMLからプログラミングまで全部自前)20年程運営していました。

今は独立してホームページに関するお仕事をしています。一般的なサイト制作はもちろんのこと、複雑なショッピングカートの制作までこなします。さらに、売れる通販サイトのノウハウを駆使して、サイト運営のお手伝いをいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする